20代サラリーマンの体験記ブログ

【その行動、肌汚くしてませんか?】僕が体験した汚肌習慣3選と改善方法!

なんだか最近肌が荒れてきたな…みんなで食事に行ってマスクを外すのも肌が汚いから億劫だ…

そんな悩みを持つ20代のビジネスマンが最近多いのではないのでしょうか。

肌が汚いとモテない…清潔感が足りなく見える…といった私生活やビジネスシーンでかなりのマイナスポイントがあります。

私自身の体験からも、肌が荒れていたりすると人と話していても、肌が荒れていることに気を取られ、コミュケーションにも支障が出ていることを気づきました。

おそらくこれは肌が荒れていることによる自信の欠如だと考えます。このような人は実は結構多いのではないのでしょうか。

そんな働き盛り・遊びたい盛りの20代ビジネスマンの方がついやりがちな汚肌習慣を化粧品のプロがご紹介し、改善方法までご紹介します!

やりがちな習慣を見直していこう!
スポンサーリンク

偏った食事生活

肌に1番ダイレクトに影響するのは食事です。いくら美容にお金をかけていようが、食事生活が壊滅的だと意味がありません。

なので1番最初に見直すべきなのが食生活です。

特に20代のビジネスマンに多いのが一人暮らしで、家に帰宅し自炊する元気もない…そのためつい手軽に買えるコンビニでご飯を済ませがちです。

私自身も肌が荒れていた時は安いという理由から毎日カップラーメンを食べていました。

これは本当に良くありません。コンビニの弁当などは脂質・糖質の量がかなり多く、どれもとりすぎなぐらいふんだんにはいっているため、肌にとってはマイナス要素。(糖質・脂質自体は悪くはありませんが、バランスが大事)

どうしても時間がなくてコンビニで食事を済ませるのであれば、生野菜・ゆで卵・サラダチキンにしましょう。

自炊できるよって方は、野菜を中心に、お肉も食べましょう。お肉はあまり良くないんじゃない…っていう人もいますが、お肉は食べちゃってください。そのかわりお米を茶碗一杯にするなどして減らしてくださいね。(お肉食べすぎると体臭キツくなるのでそこは注意)

保湿が足りない・もしくはしていない

乾燥が気になるこの季節は、保湿が足りなくなりがちです。

しっかりと化粧水や乳液を使ってるよ!という男性も多いでしょうが、ただ使うだけではあまり意味がありません。

普段使わない…という方も大丈夫。対策をお教えします。

・普段からスキンケアをしっかりしてる人

たっぷりと使用するようにしましょう。スキンケアのあと少しして潤いが残らないような感覚があれば、量が足りない・もしくは使用するスキンケア用品がお肌に合っていない可能性もあるので、思い切って変えてみましょう。美容液などを使うのも良いです。

・スキンケア習慣がない人

今すぐに、スキンケアを始めましょう。やはりスキンケアを使うのと使わないとでは差が出てきます。今は大丈夫!と思っていても10年後にはシミやフケだらけ…みたいなことにもなりかねません。

「そんなことを言われても、いちいち化粧水塗って乳液塗ってなんて面倒だ」

という人も多いと思うので、オールインワンのスキンケアを使うと良いです。化粧水から乳液、クリームの役目を果たしてくれます。

スポンサーリンク

肌によく触れる

顔によく触れる習慣があるのも汚肌を作る1つの習慣です。

目を擦る・頬杖をつく・顔に無意識に触れている

などどれも良くありません。

人間の手は思っているよりも汚いのです。

さまざまなものに触れているため、色んな菌が付着したままの手で顔に触れるのは辞めましょう。スマホも汚いのでスマホを触った手で顔に触れるのも汚い肌を作る原因になります。

どうしても顔に触りたくなった場合は、しっかりと手を洗い、他のものに触れてない手で触りましょう。

外でも頻繁に手を清潔ことを心がけてください。もちろんスキンケアをする時の手も清潔に!

まとめ

この他にも汚肌を作る習慣はありますが、すぐに皆様が実践でき、改善できる点をあげてみました。

繰り返しになりますが、肌が汚いと私生活でも、ビジネスでもモテません。

ここでいうモテるとは異性にモテるという意味ではありません。

人間として人に好かれるという意味です。

皆さんも人に好かれたいですよね。なので汚肌を脱出し、私生活でもビジネスシーンでもモテる男になりましょう!

最新情報をチェックしよう!